シニア向けスマートTVの登場

イメージ画像

情報発信ができる

最近、テレビの新しいスタイルとして「スマートテレビ」というものが登場しているのをご存知でしょうか?
このスマートというのは細身であるという意味ではなく、賢いという意味で、要するにスマートフォンのスマートと同じ意味です。
スマートフォンが電話では従来できなかったようなことも幅広く出来るようにしてくれたのと同じように、スマートテレビもこれまではテレビで出来なかったようなことを色々と出来るようにしてくれています。
では、代表的にどのようなことが出来るのでしょうか?

できることは勿論商品によっても違いますが、まず特徴の1つであるのが「オンラインインタラクティブ」を搭載していることです。
テレビは本来、電波を受信することによって番組を見ることが出来るという、一方通行な存在です。
しかしスマートテレビではインターネットに接続することによって、双方向な通信を可能としています。
これによってさまざまな情報発信を行ったり、自分なりのメディアを見つけるといったようなことができるようになりました。

スマートテレビにはテレビ機能の上に、ブルーレイ・DVDの再生機能や、ゲーム機能などが組み込まれています。
これ1台だけで様々なことが出来る、というのがスマートテレビの目的というわけです。

シニア向けのスマートテレビ

とはいえ、シニア世代の方にはインターネットと言われてもよくわからない、スマートフォンもあまり上手く扱えないため、スマートテレビも活かせるのか不明瞭、と考える人もいるのではないでしょうか。
実は最近では、そういった世代を対象にした「シニア向けのスマートテレビ」というものが登場しています。
こちらで紹介されているものを参考に、通常のスマートテレビとどのような違いがあるのかを見てみましょう。
>>シニア向けスマートTV

まず、通信販売のようにシニア層に人気が高いものにスポットライトを当てていることがポイントの1つとなります。
リモコンを利用して手軽に参加出来るようになっていることもあり、生活を便利にするのに利用出来るでしょう。

そしてもう一つ大きな機能であるのが「テレビ電話機能」です。
これはスマートテレビを大きな画面のインターネット電話のように利用することで、遠くに住んでいる家族などと簡単に顔を合わせて会話できるというものです。
子供や孫になかなか会えずに寂しい、という世代にも嬉しいシステムといえるでしょう。