今からでも遅くない!筋トレのススメ

筋トレ

いつまでも健康でいるために体つくりをしよう

50代、60代になるともう体を鍛えるのには遅いと思っている人も多いのではないでしょうか?
勿論、若い人に比べるとその効果は落ちがちではありますが、決して遅いということはありません。
むしろ、今のうちに筋肉を鍛えておくことは、来るべき老後に向けて非常に重要なことでもあるのです。
「ロコモティブシンドロームとは?」の記事の中でも紹介したように、慢性的な運動不足が原因となり、老後に歩くことすら難しくなってしまう人も実は少くありません。

ただ、今になってどんな筋トレを始めれば良いのかわからない、という人も多いでしょう。
そこでここでは、50代60代でも出来る筋肉トレーニングとして、簡単な方法を幾つか紹介します。

大前提として、この年齢の人は筋トレをする際に気を付けなければならない点がいくつかあります。
まずは、年齢によって筋肉がすでにある程度弱ってしまっていることです。
そのため、高負荷の運動をすると怪我をしてしまう可能性があります。
さらに、間接の柔軟性も衰えているため、こちらも損傷してしまうおそれがあることに注意しなければなりません。

自宅でも出来る

ではどのようなトレーニングがあるのかというと、「自重トレーニング」というのが効果的です。
自重トレーニングというのは自分の体重を利用して体に負荷を掛けることによって、比較的無理のないトレーニングを行うことが出来るというものです。
例えば代表的なものとしては腕立て伏せなどはこの自重トレーニングとなります。

また、自宅でのトレーニングを行う際には、補助になるようなグッズを利用するのも良いでしょう。
トレーニング用のゴムバンドが一本あるとかなりトレーニングの幅を広げることができます。
価格としても2000円程度で購入することが出来るため、鍛えたいと思った時に一本買っておくのが良いのではないでしょうか。

このバンドを利用すると、引く力を利用してさらに自分の体重の負荷を上げることができます。
また、ドアなどに挟むことによって、背負うような運動がしやすくなり、腹筋や背筋のトレーニングにも活用できるでしょう。