シニアの為の薄毛対策

薄毛対策

薄毛の原因

シニア層にとって、人によってはそれよりも少し早い段階から悩みとなるのが「薄毛」ではないでしょうか。
主に薄毛というと男性の悩みとして知られていますが、女性にも薄毛の悩みを持っている人は大勢います。
では、そもそもなぜ年齢を重ねると薄毛が発症してしまうのでしょうか?ここでは「AGA」と呼ばれる「男性型脱毛症」について紹介します。

男性型脱毛症というのは、男性ホルモンが女性ホルモンに対して過剰になっていることが原因で発生するホルモン性の脱毛症状です。
基本的には男性は男性ホルモンが、女性は女性ホルモンが優位になっているのですが、このバランスが崩れた場合には女性にも発生することになります。
女性の場合50代前後に訪れる更年期によってホルモンバランスが大きく崩れる可能性があり、この時期を境にして薄毛に悩まされることも少くありません。

男性型脱毛症の原因は1つではなく複数考えられます。
まずは、遺伝性のものです。
男性の場合には母方の祖父の遺伝形質を受け継ぎやすいとされており、もし母方の祖父が薄毛傾向のあった人であった場合、自分もそのおそれが高くなるでしょう。

さらに、生活習慣も大きく影響します。
例えば食生活でも薄毛が起こる可能性があります。
塩分が濃い食生活であったりすると、血流状況が悪化して栄養が届きにくくなり、薄毛が起こってしまう可能性があります。

運動不足も同様の理由で血流が悪化するために薄毛になる可能性があるでしょう。
加えて、喫煙も血流量を抑制してしまうため、ヘビースモーカーの方はすぐにでもたばこをやめるのが一番の薄毛対策となることも少くありません。

薄毛対策の方法

それでは、薄毛対策にはどのような方法があるのかを考えてみましょう。
まずは前述の問題点を解決するような生活習慣を手に入れるのが第一です。
食生活は塩分を控えめに、脂やコレステロールも極力抑えるようにしましょう。

よく海藻類が発毛に効果があると言われますが、あれは海中でたなびく様が髪の毛に似ているということから言われた迷信であり、根拠はありません。
少なくともミネラルは豊富であるため全く効果がないとも言えませんが、特筆すべきものではないといえます。

運動不足も解消するようにしましょう。
ただ、激しい運動は年齢を重ねるごとにリスクが高まっていくため、あくまでも危険のない程度にしておくことが重要です。

遺伝のように、自分に原因がないものの場合には、病院で見てもらうのも1つの方法です。
最近ではAGA外来というような診療科を設けていることもあり、こういった場所を利用すればより効果的な薄毛治療が期待できます。