葬儀の希望を家族に伝えておこう

葬儀について

終活の一環として

多く行われている終活の中の1つとして「葬儀」について考えるというものがあります。
皆さんは自分の葬儀について、どのような形式で行って欲しいのか、という希望はあるでしょうか?
これについては、全く人によって違う意見があることでしょう。
死んでいる自分のことなのだから、全く気にせず遺族のするに任せるという人も多い反面、自分なりにこういった送り出され方をしたい、という希望がある人もいるでしょう。

これを考えるためにも、まずは葬儀にどのような形式があるのかを知っておく必要があります。
葬儀の形式を知り、その上で自分にあっているものは何なのかを考えてみましょう。

まず葬儀の形式を大きく左右することになるのが「宗教」の選択です。
日本国内の場合、9割の葬儀は「仏教式」で行われています。
これは日本人が敬虔な仏教徒であるというわけではなく風習的に仏教式のものが選ばれてきたというだけに過ぎません。

仏教式には宗派による違いなどもありますが、これも特定の寺の檀家である場合、その宗派を採用しているというだけに過ぎない事が多いでしょう。
仏教式はお坊さんにお経を上げてもらい、焼香で弔うというのが一般的なスタイルです。
浄土真宗の場合には亡くなった方は供養をせずとも成仏出来るという考え方であるため、一部の葬儀内容が省略されることもあります。

残り1割は「神道式」と「キリスト教式」が占めているといえるでしょう。
神道式は焼香の代わりに玉串奉奠を、キリスト教式は献花を行います。
キリスト教式の場合、死は天に召されるという「プラス」のものとして考えられるため、仏教式の場合にはよく言われる「お悔やみの言葉」というのは使われません。

もう一つ、極めて少ない割合ながら存在しているのが「無宗教式」の葬儀です。
無宗教というのは特に信じている宗教がないことを意味するのではありません、「宗教を否定する」という考えかたを持っているという意味です。
そのため、仏教式も神道式もキリスト教式も、無宗教式の場合には取り入れない形で行うことになります。
あくまでも確かである人間関係などだけにスポットライトを当てたもので、特に異色な式となるでしょう。

宗教が決まったら、次により具体的な式の形式について考える必要があります。
こちらについても幾つかの種類があります。

まず1つ目が「一般式」というものです。
これは一般的に想像される葬儀の形式で、通夜と告別式に分けて2日間掛けて執り行われる式のことを指しています。
親族や故人の友人などを招待し、大々的に送り出すのが一般式の特徴です。
通夜の際には「通夜振る舞い」というものを行い、多くの人に弔いに参加してもらいます。

この形式を取ることによるメリットは、故人と懇意としていた人にもお別れの機会を作ることが出来ることでしょう。
さらに、しっかりした式を作った、ということで遺族の心の安らぎになる可能性もあります。

次に2つ目として「家族葬」というものがあります。
家族葬というのは文字通り、故人と極めて近しい親族だけで行う葬儀のことをいいます。
下記サイトでは家族葬については詳しく紹介されています。
>>家族葬とは

家族葬は一般葬と比べて小規模であるため、あまり忙しくならずに行うことができます。
一般葬には忙しさのなかで悲しみを忘れることが出来る側面がありますが、家族葬の場合にはゆっくりとした時間のなかで、出来る限り別れを惜しむことができるでしょう。
さらに、小規模であるために費用もあまりかからない傾向があります。

ただし、故人の交友関係が広い場合、家族葬だけで終わらせるのではなく、家族葬の1か月後当たりに「お別れの会」として別途会を開く事が多くなっています。
こうすることで、懇意としていた人達にもお別れの場を提供し、故人を見送ることができるでしょう。

さらにもう1つ「火葬式」というものがあります。
これは家族葬に当たるような小さな式も行わず、火葬だけを行う形式の式となります。
自殺で亡くなった場合や、遺体の損壊が激しい場合などに選択される形式です。
費用の持ち出しが最も少く、経済的な式となります。

特殊な式も

また、最近では特殊な葬儀というのも多く行われるようになってきました。
故人の遺言によって行われるものが多く、遺族としては面食らいながらも準備することも多いようです。
例えばその1つであるのが「音楽葬」というものです。

これは故人が音楽好きであった場合に行われるもので、お経ではなく音楽によって葬送を行うというものになります。
掛ける音楽は人によって違っており、クラシックを選ぶ人もいれば、思い出のポップスやジャズなどを掛ける人もいます。
開催者だけではなく参加者も困惑しやすい式ではありますが、間違いなく誰の記憶にも残る、独特な葬儀にすることが出来るでしょう。
出来ればこれを遺言する時には、遺族の方と事前に話し合っておくことをおすすめします。