オカリナってどんな楽器?魅力は?

手軽に楽器を始めることが出来る、オカリナとは?

世の中には様々な楽器がありますが、非常に手軽に始められ、簡単に吹くことが出来る、初心者にもおすすめの楽器に、オカリナがあります。

笛の一種として知られているオカリナは、ただ吹くだけで音が鳴り、指の押さえ方によって音が変る、簡易的な楽器です。
他の笛楽器に比べると、肺活量がそこまでなくても音を鳴らすことが出来ますので、初心者でも取り組みやすいのが魅力と言えるでしょう。

また、オカリナはその可愛らしい見た目も魅力の一つ。
アクセサリーとしてつけて持ち歩いていても、おしゃれに決めることが出来ます。
サイズも小から大までありますので、自分に合わせたサイズを選ぶことが出来るでしょう。
値段もピンキリですが、安いものですと百円前後で購入することが出来ますので、気軽に始められるのも特徴です。

優しい音色と難易度の低さが魅力

オカリナの特徴は、その優しい音色。
例え強く吹いても、非常に聞き心地の良い優しい音を奏でてくれますので、ただ吹いているだけでも、心身ともにリラックスすることが出来ます。

慣れてきたら、オカリナの譜面を使って、曲を吹いてみるのもおすすめです。
オカリナを使った演奏は、全体を通して非常に優しい、聞き心地の良い音楽を奏でることが出来ます。
なのでオカリナ初心者でも簡単に、素敵な曲を演奏することが出来る、難易度の低さが魅力の一つです。

オカリナはリコーダーと同じように、吹くだけで音が鳴る楽器ですが、リコーダーのように、甲高い音が誤って出ることはありません。
間違ってしまっても、キーンとした音が出ないため、びっくりしてしまうこともないのが特徴でしょう。

持ち運びしていつでもどこでも吹ける

オカリナは手のひらサイズのものが基本ですので、家ではもちろん、外に持ち運んで吹くことが出来るのが魅力です。
いつでもどこでも気が向いた時に、そっとポケットから取り出して、オカリナを吹くというのも、非常に幻想的でしょう。
お出かけ先で、お孫さんに演奏をしてあげるという事も出来るのが魅力と言えます。

また、オカリナには様々な材質があります。
木で作られたナチュラルな雰囲気のオカリナや、陶器で作られたデザイン性の高いオカリナまで、様々な種類があるのです。
どのオカリナが良いかはその人によって違いはありますが、最初のうちは、見た目で判断してしまっても問題ないでしょう。

お手入れの関係もありますので、陶器のオカリナのように、つばが染み込みにくいようなタイプが初心者の方には向いています。
ですが、あくまで好みを優先して構いませんので、持っていて心地よいと感じる材質のオカリナを選ぶようにしましょう。