知識がなくても大丈夫!オペラ鑑賞の楽しみ方

オペラ鑑賞で文化的な楽しみ方を!

オペラ鑑賞とは、芸術作品として知られているオペラを鑑賞して楽しむ、文化的な趣味のことです。

オペラと聞くと、歌っている人たちを見るだけのイメージがある方もいるかもしれませんが、オペラはそんなに温いものではありません。
またオペラはあくまで歌謡劇、お芝居ですので、ストーリーがあり、役者さんたちがいて、舞台を作り上げています。
歌を聞くだけではなく、踊りを見たり、内容を楽しむことが出来る、ボリューム満点の作品と言えるでしょう。

また、オペラの会場によっては、生演奏の下、オペラが行われたり、特殊な演出で非常にアクティブなタイプのお芝居もあります。
オペラによってさまざまな違いがある点も、オペラ鑑賞の魅力と言えるでしょう。

オペラにも種類がある?自分の好みのタイプを鑑賞しましょう

オペラと一口に言っても、様々なストーリー、様々なタイプがあります。
例えば、日本語で行われているのか、現地の言葉で行われているのかなどの違いがあげられます。
オペラ初心者の方が、現地の言葉で行われる舞台を見に行くと、ついつい眠くなってしまう可能性もありますので、出来れば日本のものを選ぶことがおすすめです。
あまり種類はありませんが、オペラの入門編としては、ピッタリのタイプと言えるでしょう。

また、ストーリーには、ハッピーエンド、喜劇で終わるタイプもあれば、バッドエンド、悲劇で終わるタイプもあります。
有名な作品であればある程度は事前に内容を見ることが出来ますので、ストーリーの好みがあれば、事前に調べることで楽しみが増えます。

プロからアマチュアまで、幅広い団体の公演がある

オペラと聞くと、外国人のプロ団体によるもの、というイメージを持たれている方もいるかもしれません。
ですが、オペラの種類と同じように、非常に幅広い団体がオペラに取り組んでいますので、団体によって違いを比べるのも、楽しみといえるでしょう。

プロ団体の場合は、外国人団体なのか、日本人団体なのかによる違いがまずあります。
言語の違いも出てきますので、事前にチェックをしておきましょう。
チケットの値段がお高めなものが多いですが、その分の見返り、質の高さは保証されています。
圧倒的パワーを生で感じることが出来る点が、大きな魅力と言えるでしょう。

アマチュアの場合は、学生団体や、社会人団体など、様々な団体があげられます。
趣味が講じて集まっただけのような、突発的な団体が行っているオペラもあるので、気軽に見ることが出来るでしょう。
チケットを無料で販売している所も多く、入門編として楽しみやすいタイプと言えます。

このように、同じオペラ鑑賞でも様々なタイプがありますので、色々とめぐることもおすすめです。