バードウォッチングの始め方

バードウォッチングの魅力は何?

バードウォッチングとはその名の通り、野生の鳥を観察し、眺めることをさします。
ただ鳥を見ているだけで何が楽しいのかと感じるかもしれませんが、バードウォッチングは、非常に奥深く、癒しを得ることが出来る趣味なのです。

バードウォッチングでは、近辺に生息している野生鳥の種類を把握し、ゆったりと観察することが可能です。
近くで見ようとすると当然逃げられてしまいますので、双眼鏡などを利用して、遠くから鳥をウォッチします。
鳥を眺めることで、鳥の可愛らしい姿に癒され、その近辺に生息している鳥や、まれに、珍しい鳥を眺めることが出来るでしょう。

また、バードウォッチングは気兼ねなく出来る趣味で、お散歩をしながら行うことも可能です。
本格的な活動ではなく、軽い気持ちでバードウォッチングする方も多く、リラックスした気分になることが出来るでしょう。

バードウォッチングを始める前に用意するもの

バードウォッチングを始める際にはまず、双眼鏡などの、遠くからでも鳥を観察することが出来る道具を用意します。
肉眼で何となく鳥を見るのとは異なり、鳥の種類までしっかりと把握することが出来るような道具を用意することで、よりバードウォッチングを楽しむことが可能です。

また、自分が見た鳥がどんな種類の鳥で、何という名前の鳥なのかを知るために、図鑑を持ち歩くことがいいでしょう。
大きい図鑑を持ち歩くのが不便であれば、ケータイのネット検索や、図鑑アプリなどを利用すると良いでしょう。

他にも、暑い日に歩くのであれば、帽子や水分、塩飴やタオルなど、熱中症対策も必要です。
一通り、ピクニックやハイキングに必要な装備は、用意するようにしておきましょう。
一日中ウォッチするようであれば、お昼ご飯や、軽食を用意することも大切です。
更に、歩きやすい靴、体温調節がしやすい服装をすることも必要になります。

同好会や愛好会を利用するのも一つの手

一人でのバードウォッチングがつまらない、どんな場所に行けば良いのかわからないという場合は、同好会や愛好会に加入するのも一つの手です。
そうした団体に参加することで、定期的にバードウォッチングをする機会が出来ますので、誰かと楽しく会話をしながらウォッチすることが出来るでしょう。
団体によって参加費などが大きく異なりますので、参加申し込みをする前に、よく確認をすることが大切です。

また、同好会や愛好会によっては、参加者の年齢に偏りがあります。
自分と同じような年代の団体もあれば、若い子ばかりの団体もありますので、自分がどのような団体に参加をしたいのか、よく考えてから、団体を調べるようにしてみてください。