1. >
  2. >
  3. 底地の整理について

底地の整理について

土地

底地とは、土地の上に借地権を設定している土地の権利者のことです。この底地権を保有している人が、その土地のいわゆる「地主」になります。

底地は借地権者からの地代収入を得られるなどのメリットがありますが、場合によっては地代と税金のバランスがとれず持て余してしまうことも。加えて底地の相続税は割高になるケースも多く、相続で不利になる可能性もあるのです。親族の手間や負担を軽減する目的で、終活の一環として底地を整理するのもひとつの選択肢でしょう。

底地の売却方法

底地権だけでは、土地の上に建造物を建てられません。底地権は借地権とセットで取り扱われるのが基本なので、底地権だけでは市場流通性が低くなってしまいます。そのため売却が難しいと言われる底地ですが、「誰に売るか」をもとに考えると、以下のような売却方法があります。

借地権者に売却する

底地権と借地権をセットにできるため、高く売れる可能性が高い売却方法です。借地権者は毎月の地代の支払いや契約更新の手間などが削減できるようになるなどのメリットがあるので、相談を持ち掛けやすいでしょう。

隣接する土地の底地権者に売却する

隣接する土地の底地権者に売却すると、土地の資産価値があがる可能性があります。借地権者との調整の必要は大きいですが、隣接する土地の底地権者とコンタクトがとれる場合には考慮しても良いでしょう。

底地専門の業者に売却する

底地権の市場流通性は低いと言われていますが、不動産業者の中には底地権や借地権を専門に取り扱っている会社もあります。これらの業者に売却するのは比較的簡単で、手間をかけずに短期間で売却の契約がまとまります。また、底地専門業者は底地売買のプロなので、借地権者に売却する場合や隣接する土地の底地権者に売却する場合でも、一度相談してみると交渉をスムーズに進められそうです。

底地の売却の流れ

底地専門の業者に売却する場合、まずは複数の底地専門の業者に相談してみましょう。物件の状況や借地権者との契約状況などをもとに、業者が買取金額の査定をしてくれます。査定結果をもとに買取を依頼する業者を決め、納得できたら契約を結びます。売却後にも税金関係の手続きがいくつか必要になってくるので、そこもサポートしてくれる業者だと安心ですね。
こちらの業者は、底地売買の方法やメリット・デメリットについて紹介していて分かりやすいため、参考にしてください。
>底地の売買・売却 | 【お困り不動産どうする?】

底地は代々相続してきた大切な財産のひとつである場合が多いですが、その歴史の分、権利などが複雑に絡み合ってトラブルの元になりがち。どのような形で親族につなげていくのか、しっかりと考えるのが重要です。