薄毛が気になったらウィッグを購入しよう

かつらやウィッグの種類

薄毛に悩むシニア世代の方は多いと思いますが、どんな育毛剤を使っても効果が出ない、そんな場合にはかつらやウィッグの利用がお勧めです。
かつらやウィッグをつけると周りからすぐにばれて、影で何か言われるのではないかと不安に思っている方も多いと思います。
しかしながら、高齢化社会になり、かつらやウィッグの利用者が増えていますので、かつらやウィッグが一般的な認識に、またカジュアルなものに変化しているようです。
またウィッグ等の種類も豊富になりましたので、個人に合わせて好みのスタイルを選ぶことができますので、違和感のない髪型を楽しむこともできるようになっています。

かつらに使われている毛の種類は、人の毛髪でできた人毛タイプ、主にポリエステルで作られている人工毛タイプ、その2つのミックスタイプの3種類です。
また、ベースの種類には、ポリエステルやシリコン加工を施した人工皮膚に植毛しているスキンベースタイプがあり、人の肌のように自然に見えるのが大きな特徴です。
もう1つはネットベースタイプとなり、網の目になったネットに植毛しているタイプとなります。

装着には接着剤や両メンテープ、さらにピンどめや編込みといったタイプがありますので、強度や好み、条件に合わせて選択します。
接着剤と両面テープは頭皮に直にくっつけるタイプですが、接着剤は自毛のある部分には使えませんので注意が必要です。
ピンどめは自毛に固定させて使用し、編み込みの場合はかつらのベース部分に自毛を編み込んで装着します。
それぞれのタイプにメリットとデメリットがありますので、自毛の状態、生活スタイルに合ったもの等、慎重に選ぶことが大切です。

かつらの活用方法

現在、ウィッグのような気軽につけられるカジュアルなものも人気が高まっていますが、薄毛対策の主流はやはりかつらのオーダーメイドです。
自毛のような髪の毛を自然に演出することができるのが大きなメリットであり、今も昔も薄毛の人の救世主として重宝されています。
ファッションとしてではなく、薄毛カバーの為にかつらを活用するのであれば、他人にすぐばれるようなものは選択するべきではありません。
いかに自然に自毛に見せることができるかは、人によって全く異なりますので、頭部の形、髪の毛の質、生え際のタイプ等、自分の薄毛について研究が必要です。

せっかくかつらを購入するのであれば、既成品に頼るのでなく、自分の頭やスタイル、長さ、カラー等にこだわり、世界に1つだけのオリジナルを作るとよいでしょう。
ただし、先述したようにかつらにはそれぞれ性能や特徴が異なりますので、しっかりとリサーチを行い、自分に最適なものを選ぶようにすることが重要です。