人参ポタージュ

子供が嫌いな野菜、人参、シニアも苦手という人が多い

子供が嫌いな人参、実は大人も嫌いという人が多いのです。
小さい頃に苦手で大人になってからも克服できずにいれば、年齢を重ねてからも苦手という事が当たり前です。
でも、人参は非常に栄養価の高い食べ物で、西洋種と東洋種の2つがあります。
通常、国内で多いのが西洋種で、東洋種というと、関西でよく食べられている赤い金時人参、お正月の時に出回る事が多い長人参などが東洋種です。

栄養面で西洋種の方がよりカロテン含有量が多いという事もあり、日本では西洋種の方がより多く利用されるようになったのです。
甘みがありおいしい人参ですが、独特の味が嫌いという人も多く、特に人参のグラッセ、あのハンバーグなどにつけあわせとなっている甘い人参で嫌いになったという人も少なくありません。

しかし人参は、煮てもよし、漬けてもよし、生でもよしという万能野菜なのです。
ベータカロテンが豊富でビタミンAに換算すると100g中、4100IUもあります。
体の中の余分な塩分を排出してくれるカリウム、さらに食物繊維も豊富なのでしっかり摂取してほしい食材です。

人参ポタージュは人参嫌いな人でも大丈夫

栄養価が高いアーモンドミルクは、活性酸素から体を守ってくれるビタミンE、コレステロールを低下させてくれるオレイン酸が豊富です。
人参と合わせて食物繊維たっぷりのポタージュにすれば、人参嫌いな方もしっかり栄養価をとる事が出来るおいしいメニューになります。
一人分の材料は人参40g、玉ねぎ30g、出汁(ベジブロス)大匙2、砂糖不使用のアーモンドミルク50g、塩小さじ1/4強、ブラックペッパー少々、パセリ0.3gです。

人参を乱切り、玉ねぎをスライスして蒸し器で蒸すか、耐熱容器に入れてレンジで5分加熱します。
ミキサーに人参、玉ねぎ、出汁、アーモンドミルクを入れてなめらかな状態になるまでミキサーにかけます。
器に盛り付けてブラックペッパー、パセリを振ります。

だしに利用するベジブロスは、野菜の切れ端(なんでもよし)両手いっぱい、だし昆布30g、日本酒小さじ1、水1.5リットル、これを鍋に入れて沸騰したら弱火にして30分ほどにて作ります。
人参は皮の部分に栄養が詰まっているので、出来れば皮ごと使って下さい。
きれいに水洗いして利用します。

硝子の器、また口が広いコップなど盛りつけると見た目にも爽やかで、夏にぴったりの栄養食となります。
咀嚼する力が弱くなっているシニア世代の方もこれなら栄養素をしっかり摂取できますし、咀嚼も少なく食べられるので、オススメのレシピです。
人参が嫌いなお子さんも、アーモンドミルクの香りで人参特有のにおいがなくなるので、スッキリいただけます。